男性 テカリ対策 洗顔方法

”し過ぎない”洗顔方法で顔のテカリを撃退しよう

テカリ 洗顔 男性

 

自分の顔がオイリーな感じでヌルヌルしているとどうしてもスッキリと脂分を落としてサラツヤにしてお肌も気分もスッキリしたい気持ちはよ〜くわかります。

 

しか〜し!

 

それがさらなる「オイリー肌」⇒「顔のテカリ」を生む悪循環になっていることを認識しましょう。

 

せっかく今回この記事をなんかの縁で読んでいただいているのですから、これを機に、洗顔方法を正しいやり方に変えて是非、顔のテカリ、ギトギトの悩みから解放されて頂きたいと思います。

 

テカリ肌を撃退!し過ぎない洗顔方法とは

 

基本的には、下記の3つをし過ぎないようにすることです。

  • 洗顔をし過ぎない
  • ゴシゴシこすり過ぎない
  • 洗顔料を付け過ぎない

 

上記の"し過ぎない"に共通していることは、「皮脂」=「脂分」を落とし過ぎない・・・・ということです。

 

顔のテカリで悩んでいる人の多くは、顔の脂が気になって、脂分を落とし過ぎている傾向が強いです。

 

人の体はとてもよくできており、例えば顔の皮膚は、通常、適度な水分と脂分を保つようになっていますが、脂分を取り過ぎると、身体はもっと脂分を補給しなくてはならないと思い、余計に脂分=皮脂を分泌するようになります。

 

そうすると、スッキリサラサラになるのは洗顔直後だけで、少しするとまたお肌がテカリ出します。しかも洗顔前よりも余計に皮脂を分泌しているのでもっとテカってしまうのです。

 

これは、脂取り紙も同じ原理で、あまり脂取り紙で隅々まで脂分を取り過ぎると余計にテカリ出すようになることを知っておくべきです。

 

洗顔の回数は多くて2回までにしておく

 

洗顔の回数は、多くても1日2回までとしておきましょう。これ以上洗顔をするとやはり皮脂の分泌過多を招きやすくなります。

 

洗顔にお湯は使わない

 

お湯を洗顔に使うと皮脂が落ちやすくなります。そして洗い上がりはさっぱりスッキリしますが、これまた皮脂の分泌をさらに促すので、最終的にはテカリ出します。とにかく脂を落とし過ぎないようにしましょう。

 

さて、ここまで"し過ぎない"洗顔方法で顔の皮脂を落とし過ぎないことで、テカリを防ぐ方法を提案してきました。

 

如何でしたか?

 

実は、このほかに、これをしておくともっとテカリ対策に効果的・・・という方法があるんです。

 

 

これだけはしておきたいこと

 

なんだと思いますか?

 

それは、スキンケアです。要するに"肌のお手入れ"です。

 

特に肌の「保湿」と「潤い」には気を配って欲しいところです。

 

元々男性の肌は女性よりも水分の含有量が少なく、乾燥肌になりやすいです。

 

乾燥肌はテカリ肌を招く大きな原因の一つなんです。だから肌の乾燥を防いでいつも肌が潤っている状態をキープすればテカリは激減するんです。

 

テカリ 化粧水 男性

 

最近は、「化粧水」、「美容液」、「乳液」、「クリーム」を1本で賄えるオールインワンタイプの男性用のスキンケア用品が出ていて、私も使っていますが、これ1本あれば他にスキンケアをする必要はないほど重宝していますし、スキンケアを何もしない時と比べると肌の調子は雲泥の差です。

 

特に30代中盤よりも上の男性は、「男が肌の手入れなんて・・・」というちょっと古い考え方の人が多いです。

 

そんな人にも、ぜひ一度、こういったスキンケア用品を使ってみていただきたいと思います。

 

日ごろのスキンケアをする、しないで5年後、10年後の肌の状態が全く違ってきますからね。気付いた時に後悔しても遅いですから。

 

当サイトのトップページで、テカリを防いでくれる男性向けの化粧水のおすすめをご紹介していますので、是非ご参考にしてみてください。このページでご紹介している"し過ぎない"洗顔方法と併せて実践すれば、近い将来の内にあなたが肌のテカリで悩むことはほぼ無くなるでしょう。

 

男性用テカリ防止化粧水|おすすめランキング