日焼け止め テカリ対策

日焼け止めのテカリ対策にはパウダーを使うべし

これからの季節、どうしても日焼け対策をする人が増えてきます。

 

こんがりと焼けた肌が健康的・・・に見えるかどうかは別として、ご存じのとおり夏の強い紫外線をそのまま浴び続けるのは肌に良いことはありません。

 

となると必然的に【UVケア】=【日焼け止めクリーム】を使う頻度も多くなってくるのもこの季節です。

 

でも、【日焼け止めクリーム】を顔に塗ると、UVをカットをする反面、顔がテカテカになっていますと悩む人が結構多いんです。

 

ということで、今日は、【日焼け止め】を使った時のテカリ対策について情報をシェアできればと思います。

 

そんなに難しいことではないので、サラッと読んでサクッと実践して頂ければと思います。

 

日焼け止めのテカリ対策

 

1.軽く粉を叩(はた)く

日焼け止めのオイルのテカテカを吸収するために軽く粉もので特にテカリが気になる部分を中心にテカリを抑えるように軽くはたいてあげます。

 

オススメの粉ものは、こちらの製品です。(画像をクリックすると、@コスメの製品説明ページに飛びます。)

 

ベビーパウダー

 

こちらは、ピジョンという会社から販売されている「薬用固形ベビーパウダー」なんですけど、固形タイプなので従来のベビーパウダーのように粉が飛ばず、コンパクトなので持ち運びも便利なので日焼け止めのテカリ対策にはかなりオススメできる製品です。

 

価格も500円程度なので"Tゾーンのテカリ対策"も兼ねてひとつ携帯しておいたら良いと思います。

 

2.ティシューを使ってテカリを取る

ティッシュペーパーを使って、拭き取るのではなく、押さえるようにしてテカリを取るようにしましょう。
これだけでもやらない時と比べて随分とテカリ具合が違ってきます。

 

3.日焼け止めをこまめに塗りなおすようにする

日焼け止めを一編にドバッと塗ってしまうと顔中がギトギトになって当然テカリやすくなります。

 

なので、サラッとした乳液タイプのものを少しずつ、こまめに塗りなおすようにすることでテカリが抑えられます。

 

そもそも日焼け止め自体、使用法を読むとそのように書いてあり、そうすることでUV遮断効果を最大限に得られるようになっています。なので、今回のテカリ対策と併せてもちょうど良い方法だと思います。

 

日ごろからのテカリ防止対策してますか?

 

スキンケア

 

今回は、日焼け止めを塗った時のテカリ防止ということで対策方法をシェアしてきましたが、では、日焼け止めを塗っていない時の「テカリ対策」は大丈夫ですか?

 

特に顔のテカリで悩んだことはない・・・という人は、素晴らしいです。

 

この先をお読みいただく必要はないかと思います。

 

普段も「顔のテカリ」で悩んでいる・・・・というひとは、もう少しお付き合いください。きっとお役に立てると思いますので。

 

日ごろのかんたんなスキンケアで顔のテカリは抑えられるってご存知でしたか?

 

また、スキンケアをしているつもりでも適切な化粧水やケアをしていなければ効果がないし時には逆効果になる場合もあるので注意が必要です。

 

最近では、オールインタイプといって1本で「保湿」や「乳液」、「化粧水」、「クリーム」の役割を果たしてくれる便利なものも発売されています。

 

朝夕の洗顔後にこれを塗るだけで「テカリ防止」はもちろんのこと、常に肌の状態を良い状態に保つことが出来てしまうという優れものです。

 

スキンケア(肌の手入れ)を今までしたことがないという人ならビックリするほど肌の状態が違ってきますし、今やっているスキンケアがどうもしっくりこないという人は是非チェックしてみてください。

 

きっとお役に立てると思います。

 

男性用テカリ防止化粧水のおすすめランキング